読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫は太陽の夢を見るか:番外地

それと同じこと、誰かがTwitterで言ってるの見たよ

【備忘録】今年見たアニメをだいたい一言で振り返る2015・前半期

 

雑なアニメ語り記事だ気をつけろ!!

 

今年一年で自分がどのアニメを見たのかのメモ。

そのため口調がぶっきらぼうになっているが備忘のためにということでご容赦。

順番はおおむね放映時期順。

基本的に最終話まで見たものについて書く。

 

・『SHIROBAKO』

【Amazon.co.jp限定】SHIROBAKO 第1巻 (オリジナルデカ缶バッチ付 )(初回生産限定版) [DVD]

【Amazon.co.jp限定】SHIROBAKO 第1巻 (オリジナルデカ缶バッチ付 )(初回生産限定版) [DVD]

 

 胃が痛くなる系お仕事アニメ。

それまで断片的になんとなく語られていたアニメ制作業界の工程や裏事情への関心についてアニメファンの間に一定レベルのコモンセンスを形成せしめた。

 

・『アブソリュート・デュオ』 

OPが本編より躍動感にあふれていた。

結構楽しんでみていたはずなのにヒロインがカワイイ以外の記憶が曖昧。

 

・『幸腹グラフィティ』

食戟のソーマ』と並ぶ、今年の料理リアクション芸アニメ。

「メシの顔」演出が果たした成果は大きい。

 

・『聖剣使いの禁呪詠唱』

 2015年ライトノベル原作アニメの中でもである意味レジェンド級の存在感を誇る。

明らかに作画が間に合っていないシーンとどこまで「あえてネタでやっている」のかわからないシーンが前後し視聴者をハラハラさせた。

次回予告等で自らネタにしていたセリフ「思い...出した...!」は、アニメ放映終了後も一部アニメ実況民の間で流行語みたいになっていたのが印象に残る。

 

・『みりたり!

みりたり! [DVD]

みりたり! [DVD]

 

 ドタバタ感がよかった。

そちらの方面の知識がないので、肝心のミリタリーネタが実際どの程度盛り込まれていたのかが気になる。

 

・『ローリング☆ガールズ』

かなり好きな作品。

都道府県が独立国家として群雄割拠する日本列島を舞台とする少女たちのロードムービーストーリーという世界観だけでも面白かったが、毎回物語の舞台が異なるのにもかかわらず背景美術が凝っていたのがすばらしい。

 

・『アルドノア・ゼロ』

アルドノア・ゼロ 10 [DVD]

アルドノア・ゼロ 10 [DVD]

 

分割2クールの後半。前半が地球編だとしたら後半は宇宙編か。

アクションシーンと音楽がとても印象的だったロボットアニメ。

あるいはヤッターマン的ビックリメカで宇宙戦争をしたらどうなるかという試み。

 

・『探偵歌劇 ミルキィホームズ TD』

 ミルキィホームズは3期(『ふたりはミルキィホームズ』)から見始めた口なのだがあまりそれを意識することなく楽しめた。

深夜向けニチアサアニメという印象(何を言っているのか)。第1期、2期も見たい。

 

・『アイドルマスター シンデレラガールズ

 胃が痛くなるアイドルアニメ。

とくに物語後半、いわゆるよくいわれる単話通過的な「欝展開」ではなく、アニメの美少女がわりとリアルな鬱の初期症状に陥っていくさまを淡々と描いたことで記憶に残る。

 

・『艦隊これくしょん艦これ-』

 主にゲームの既存ユーザーを中心とした視聴者各方面から非難紛糾だったことで話題になってしまった作品。

いつの間にかハードルが上がってしまっていたが、“ソーシャルゲームのアニメ化”としてはそう悪くはなかったと思うのだがなあ。

 

・『ユリ熊嵐

 高度に発達した百合は魔法とも科学とも区別がつかない。

 

・『冴えない彼女の育て方』

 2期待機勢。

まさかのノイタミナ枠で放映されるとは...というのを公式がさんざんネタにしていた作品。

2015年太ももフェチアニメ・オブジイヤー

 

・『夜ノヤッターマン

過去の名作アニメの世界の「後日譚」を描く。

作画の崩れが見られた箇所もあったものの、おおむね好印象だった。

幼女ドロンジョ様という新概念が提示されたことで一部の界隈がざわついたであろうことは想像に難くない。

 

・『アニメで分かる心療内科

 アニメで分かる(大嘘)。

CV.三木眞一郎のツッコミを楽しむアニメだった。

 

・『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』

 ウェブで公開されるや原作ファンかどうかにかかわらず波紋を広げた。

第一印象としてはひと昔前のフラシュアニメに『サムライジャック』と『キルラキル』を足してさらに濃い何かを注いだ何か。

TV版はいったいどうなるのだろう。

 

・『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』

 「例の青いヒモ」ブームを巻き起こしたことで特筆される(...と特筆しておかないと忘れてしまいそうなのであえて書いておく)

見てたときは面白かったし、『ドルアーガの塔』等のRPG作品の系列につらねられるが、特別何がよかったのかというとよく思い出せない。

 

・『長門有希ちゃんの消失

 リボルド作品を『涼宮ハルヒの憂鬱』のキャストをそのまま引き続きアニメ化。

前半はややたるさもあったが第11話以降はアニメでやる意味が大いにあったと思わせた。エンドレスエイトをオチに持ってくるのはズルい。

 

・『山田くんと7人の魔女

『山田くんと7人の魔女』 Vol.1 [DVD]

『山田くんと7人の魔女』 Vol.1 [DVD]

 

 展開にやや駆け足な印象もあったが、1クールでうまくまとめていて終わり良ければ総て良しと言う感じだ。

本編に必ず差し挟まれるOP曲はなんだったのか。

 

・『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』

 制作会社がブレイズ・ベースからfeel.に変わり、キャラクターデザインも一新されたこともあって第1期とだいぶ画面の印象が違った(すぐ慣れたけど)

ラストは続きが気になる落とし方をしていたが、原作は既刊をだいぶやり切ってしまったようなので、もしさらにアニメ続編があるとしてもだいぶ先かなあ。

 

・『グリザイアの迷宮』、『グリザイアの楽園』

思えば作画や音楽、声優など贅沢なアニメだった。

ゲーム原作をエンディングまでやり通しただけあり前シリーズと合わせて見応えがあった。

 

・『響け!ユーフォニアム

続編および劇場版待機。あまりゆるふわでない部活系アニメ。

『SHIROBAKO』、『アイドルマスター シンデレラガールズ』と並ぶ2015年胃が痛くなるアニメの並びに入れたい。

 

・『旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目』

旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目 [DVD]

旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目 [DVD]

 

まさかこれが声優たてかべ和也の遺作になるとは...。

 

・『境界のRINNE

境界のRINNE 1 [DVD]

境界のRINNE 1 [DVD]

 

2期待機。るーみっくワールド愛好者御用達アニメ。

らんま1/2』のノリのアニメが2015年に新作で、しかもNHKで見られる悦び。

 

 ・『シドニアの騎士 第九惑星戦役』

原作は未読だがファンの受けが非常によかったもよう。

SFアニメとしても今年のCGアニメとしても傑作だった。

ヒロインの中で触手がいちばんかわいいという。 

 

・『プラスティック・メモリーズ』

 ロボット/アンドロイド少女との悲恋ストーリーは好きなのだけれど、SF的にはあまり成功していたとは言い難かった。

動画工房だけによく動いていたし、ラブストーリーとしても中盤はわりと盛り上がりがあっただけになんとももったいない感じ。

 

・『放課後のプレアデス

 最高だった。

 

・『てーきゅう 4期』

 およそ1年3か月ぶりのてーきゅう

各話ひとつひとつの内容がどのようなものだったか正直よく覚えていないのだがたとえ宣伝がメインの目的だったとしても一定にほぼ同質のものを発し続けるのはすごい。

 

・『高宮なすのです!』

 吹き抜ける季節風のようなアニメだった。

 

・『てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう』

 第1期から見ているけどもこれだけシリーズが続いていてもなおてさぐってる感じが抜けないのは果たしてどこまで意図的にやっているのか。

放映中に監督が自ら降板したことでネタのメタレベルおよびライブ感に磨きがかかった。

 

・『ミカグラ学園組曲

 なぜか全編面白く見てしまった。

麻薬的な何かがあるのかもしれない。

 

・『SHOW BY ROCK!!』

 続編待機。

元がゲームアプリとは思えない全方向へ向けられたサンリオからの刺客。

 

・『Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 2ndシーズン』

 DEEN版は未見。分割2クールの後半。

真面目にバトルしてる枠。

ZEROを見ていたので自然な流れで見ることができた。